読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシ裏の落書き

δのゲームなり好きな物やらを書くだけの廃棄物集積場

独戦艦で大艦巨砲主義を楽しもう

 タイトルからしてwotやってた私を知っている人はおかしくなったのではないか?と思うに違いない。実際ドイツ戦車は傾斜を中途半端に採用してから嫌いだし(王虎、マウスとか特にね)、そもそも結構なドイツ嫌いだ。しかしMBTが好きなのでLeopard1とRu251、これだけをそれ以外何も乗らずに購入したくらいだ。

 そんなわけで当然ドイツ海軍も私は五流海軍と思ってるし(潜水艦だけ浮かべて喜んでろバーカって感じ)好きではないのだが、一部好きなお船があり、乗ってみて強く感じ、おまけに対戦して強力に思えたので紹介することとした。一応触れては見たが戦艦はからっきしダメでしたって人も活躍しやすく、楽しく乗れるため試してみてはどうだろうか?と提言するつもりで書いていく。

 

シャルンホルスト

 

f:id:delpura:20170221004903p:plain

 画像はPC治ったら撮り直します。wikiの物を借りています。

 

 期間限定でたまに売られているtier7プレミアム戦艦。いろいろと記録持ちで、戦艦で唯一で正規空母を沈めてたり、ウォースパイトと最長命中記録を叩き出したりたぶん枢軸で一番頑張った戦艦な気がする。三連装砲が強そうだし、私は好きだ。またツリーにも二番艦グナイゼナウがいる。両者の違いは簡単で史実装備がこちらシャルンホルスト予定されてた計画装備にしたのがグナイゼナウといった具合だ。なんで計画で終わったのか?ちょび髭が悪いよ。水上艦いらねって言ったからね、仕方ないね。では船体が同じ船ならグナイゼナウを何故推さないのかについて触れたいと思う。

 理由は単純で、グナイゼナウの方がトータルで火力が落ちている事だ。グナイゼナウは38cm連装砲を三基装備している。tier6にして強力な砲なのだが、いかんせん門数が少なく、ドイツ戦艦の特性、ガバガバ精度で当たらない。砲が強くても当たらんのだ。対象的にシャルンホルストは史実装備の28cm三連装砲を三基搭載している。単発の火力は大幅に落ちる。戦車砲が76mmから85mmに変えるだけで破壊力が全く変わるのだから10cmも変わればそりゃ違う。同格戦艦を横っ腹でギリギリで貫通できるかできないか、格上戦艦にはには徹甲弾はまず弾かれる。

 しかしそれで構わないのだ。無理に戦艦を貫通させることを考えなくて良い、ダメージが入ればいいのだから。門数が多く、装填も早いシャルンホルストは抜けない的にはHEをバラ撒き、接近することだけを考える。そして必殺の魚雷を打ち込み次の目標に迫る。グナイゼナウでも可能だが、砲の取り回しを考えるとシャルンホルストの優秀さが光る。執拗にHEを撃ち込み放火やモジュールを壊しながらちまちまとダメージを与え、甘い姿勢になれば徹甲弾で貫通させる。逃げようとしても、魚雷を搭載した戦艦が突撃してくるのだ。回避しようとしたら味方の長距離魚雷や砲撃によって沈む事もあるだろう。シャルンホルストは自らの戦果を上げるだけでなく味方全体に攻撃の機会を与え、勝利へと導くことができるのだ。主砲が戦艦に貫通しないとは言え、巡洋艦相手ならば容易いわけである。相手によってしっかり弾種を変えれば防郭もぶち抜ける。

 無茶な突撃は慎めと言われる事の多い戦艦だが、独戦艦は違う。艦首装甲は当然であり、真横からの砲撃すら防郭が抜かれないほど装甲が極めて頑強で速力がある。私が戦艦に慣れるために独戦艦を勧めるのは、この防御力の高さに他ならない。そしてさらにこのシャルンホルストは敵めがけて艦首をしっかり向けて砲撃しながら接近するだけで、魚雷の射程に近づける。もちろん敵味方の位置関係を把握しながらでないと敵巡洋艦から格好の放火対象にされてしまうが。

 前に出たいけど被弾が怖い...砲撃を貫通させられない、外しまくって煽られる…そんな問題もシャルンホルストならば被弾は怖くなく、また装填速度の速さとHE弾主体の戦闘が多いことから安心して戦艦の練習できる。そんな良い船だと自信を持って記したい。

 

ビスマルク級
f:id:delpura:20170221163418j:image

 こちらは級としての紹介であるが、私が持ってるのはまたもプレミアム艦であるティルピッツの方である。だから写真がティルピッツという

 ビスマルクは独戦艦ツリーのtier8。太く短い艦歴で、海戦史上有数の有名艦である。栄光とその最後に至るまでが一瞬だった事は悲劇と見るべきか、戦艦としての栄誉であるのか悩む次第である。

 一方の二番艦ティルピッツであるが、なんか地味である。とある擬人化ゲームでは引きこもり扱いされていたがホントにフィヨルドに引っ込んでたし文句は言えない。英軍的に威圧感はあったが。ティルピッツは普通にクライアント内で買えるプレミアム艦で、いつでも買える。元々はドイツツリー実装に先駆けた先行艦で、これで艦長を育てよう!的な船だった。シャルンホルストと同じくこの二隻はやはり武装が違う。比べて見ていこう。

 

 ビスマルクはスキル改変が来る前は「とりあえず副砲を特化しとけ」と言われたほどの副砲戦艦だった。おまけにソナーを積んでいるためとりあえず接近し、駆逐や一部の巡洋艦が煙幕を張り出したらソナーで見つけて副砲が雨あられと発砲、そして主砲で粉砕するパワープレイが横行していた。スキル改変で副砲特化にかかるスキルが重くなり、また副砲以外にも必要なスキルが増えたためビスマルク=副砲戦艦というイメージは薄れてきた...かもしれない?個人的にはあまり変わってない気がするが またビスマルク自身もソナーが弱体化され、戦艦全体の戦闘機の弱体化が入ったため堂々と煙幕に対する突撃は愚行と言える状況になった。

 散々記してきた副砲だが、実際特化するとどうなるのか。結構な装填速度を誇り、射程が約10キロとなり、独戦艦の副砲群はHEを使用するため駆逐はモジュールを破壊され、ダメージも通る、さらに火災も起こる。ビスマルク自身が足が早く、tier8にしては主砲が38cm連装砲という、砲口径が小さいく装填が早いためすぐに発砲できるため状況に応じて修理を使い終わった船に死体蹴りのHE弾を撃ち込んだり、甘い姿勢に回頭した敵艦のぶち抜くなど臨機応変に弾種を切り替えていこう。独戦艦の硬さと相まって、ビスマルクは極めて危険度の高い戦艦となるわけだ。現状は選択肢は増えたので副砲だけでなく様々なビスマルクが存在するだろう。管理スキルを取り多めにソナーや戦闘機を使用できるようにし、対煙幕対魚雷性能を高めるといった別のアプローチでの接近戦仕様等が思いつく。

 しかし私もだが今ひとつ戦艦で活躍できないプレイヤーに「戦いやすいお船、独戦艦!!」として紹介してるので、私としては副砲特化を推奨するシャルンホルストと同じくガンガン前進し、同格の16インチ砲搭載戦艦達に主砲火力では負けるが副砲のレンジに速度を活かして飛び込んでやろう。着火し、モジュールを破壊し、味方と共に前線を作っていける。戦い方はシャルンホルストと変わらないが、こちらはより戦艦らしい砲撃戦が楽しめる正統派戦艦として戦えるだろう。

 最後に記すとビスマルク複葉機に負けるというお粗末な対空能力を晒しているがこのWoWsでは「ライン演習から帰投できたif仕様」のため船体を改良すればきちんと強化されていく。仮に帰れてもロイヤルネイビーが死ぬ気で沈めに来るだろうし長くは持ったとは思えないのだが)

 

  • ティルピッツ

 二番艦ティルピッツは砲撃力は控えめだ。副砲も特化させればおそらく射程も同じだろうが、いかんせん門数が少なくビスマルクと同じ仕様にするメリットはない。私はビスマルクの艦長はシャルンホルストで育てた方が良いのではと思っていたりする。対空も強化はされたが、ツリーのビスマルクに比べて劣り、ソナーもついていない。ではティルピッツ、一体何が強みだといえるのだろうか?


f:id:delpura:20170222193708j:image

 ティルピッツの強みはやっぱり魚雷である。駆逐艦の魚雷を実際取り付けてたので史実装備というわけだ。それと隠蔽が若干高めとなっている。ビスマルク共々、16インチ砲には単発の火力で劣るので発射速度で圧倒しよう。

 ティルピッツもまた硬さと足の速さは光っており、対戦艦戦で必殺の魚雷は射程がシャルンホルストよりもさらに伸びており、魚雷全弾命中→撃沈!も不可能ではない。戦い方としては、装備品で隠蔽値を上げて、少しでも隠蔽を伸ばし、なるべく接近して砲撃戦を開始する。そして魚雷のレンジまで接近し、トドメをさす事が理想と言える。

 tier8からはtier10という魔境にマッチすることもあるが、ティルピッツならばビスマルクよりもダメージを出すチャンスが多いかもしれないと私は思う。ボトムながら、格上も喰える魚雷の破壊力があれば一矢報いるチャンスはきっとあるだろう。

 

 まとめ

 さて、長くなったのでそろそろまとめたい。ビスマルク級は両艦とも接近戦に優れ、シャルンホルストよりもさらに接近戦に優位な能力が付与され、強力になったと言えるだろう。

 慣れてない人に高tier戦艦を勧めるものじゃないと思うかもしれないがどうだろう。WW2での有名な戦艦であり、しかも戦いやすいと言うこともありこれから戦艦に乗る人に私は十分勧められると考えている。しかも某アニメコラボのために比較的条件のゆるい基準でtier7,8の配布艦が配られ、味方に魚雷を発射してくる現状を見ると不慣れな人が乗ることに何ら問題にはならないと言える。

 せっかく戦艦を始めるなら有名な、しかも戦いやすい奴を!そんな条件にピッタリと言えるのが先のシャルンホルストとこのビスマルク級姉妹だと私は考え、一人でも戦艦で戦うのが楽しいと思う戦艦乗りが増えれば良いなぁと思い、終わりとしたい。